エッセイ

続・私の成分「方向音痴 60%、都会への憧れ 25%、浪費癖 15%」

この地球上にあるすべてのものは、原子の集合体である。

私たち人間の体は「ほとんど水でできている」と言っても、過言ではない。

 

前回のブログ「わたしの源 1」にて紹介済みだが、私の体の60%を占めていたのは「方向音痴」だった。

Google マップ
私の成分「方向音痴 60%、都会への憧れ 25%、浪費癖 15%」この地球上にあるすべてのものは、原子の集合体である。 私たち人間の体は「ほとんど水でできている」と言っても、過言ではない。 ...

 

次に多い25%を占めているものは、これだ!

ピー子を形成しているものグラフ

方向音痴 60%

都会への憧れ25%

浪費癖 15%

 

このグラフには、長年に渡って抱き続けてきた「フワフワする感覚」の正体が顕著に表れている。

「フワフワまつり」個人的に「フワフェス」と呼び、共存してきたものは「都会への憧れ」だったのだ。

 

5年ほど前、ピー子は首都圏へと引っ越してきた。

しばらくの間は、目に映るもの全てがキラキラしていた。

毎日が「フワフェス」だ。

 

フワフェス・イベント情報

 

  • 都内を車で走っているとき、青色看板にうわさに聞いていた地名を発見 (渋谷・新宿・六本木など)
  • 世界一の朝食と称された「bills」で食事をする
  • 東京タワー・レインボーブリッジ・スカイツリーを眺める
  • 歌舞伎役者 三代目 市川右團次の住処を妄想する (テキトーな港区のタワマンに、思いをはせる)
  • 首都高から、高層ビルを眺める (首都高をドライブすること自体がフェス)

 

これ以外にも、ちょっとした日常の中にも「フワフェス」は潜んでいる。

先日、仕事でお金を司っている私(平たく言えば経理)は、領収書の整理をしていた。

六本木ヒルズパーキング……
銀座 鳥料理……
港区 ホニャララ……

 

目に飛び込んでくる、キラキラした領収書たち。

 

「はぁ~~~〜〜っ!」

「祭りだ 祭りだ 祭りだ 大漁祭り♪」

北島のサブちゃん、降臨である。

 

領収書を大海原にまき散らして、一本釣りしたくてたまらない衝動をぐっとこらえた。

 

5年たった現在は、死んだ魚とまではいかないが、鮮度低めの濁った目になりつつあることは否めない。

 

首都圏に来る前の私は、東海地方にいた。

すっかり方言も抜けて、都会に染まっちまったよ……。と哀愁に浸っていた矢先のできごと。

 

会社に業者の方がきた。

 

業者:「こんにちは。納品にきました」

ピー子:「こんにちは。はい。これですね」

業者:「西の方の出身の方?」

ピー子:「えっ!?はい」

 

ぜんぜん染まってないやん、都会になんて!!

 

細かいイントネーションから、方言まで言葉の壁は高い。

『進撃の巨人』のウォールマリア(10mほど)を遙かに超える感覚だ。

一刻も早く、標準語という名の「立体機動装置」を装備しなければ。

 

車の移動を依頼 ~東海地方編~

 

「車、まーちょっとまーだーとーてちょ」

訳:車をもう少し前にだしておいてください。

 

いただき物 ~東海地方編~

 

「鈴木さんが、どえらげにゃあ量のスルメちょうしたわ」

「やーて、さーて食べよう」

訳:鈴木さんが、ものすごい量のスルメをくださった。焼いて、さいて食べよう。

 

私の地元は、もう少し関西弁よりだ。

上記のような名古屋弁?三河弁?を初めて耳にしたときは通訳を雇おうかと本気で考えた。

しかし、今となっては通訳ができそうだ。

映画「そんなわけあらすか」や「やっとかめ」の制作を考えている名古屋の監督の方々、字幕翻訳のご用命はピー子まで。

みなさん、カンヌ国際映画祭で会いましょう。

 

夫は横浜出身で、いわゆる標準語を使う。

夫の兄は、それに輪をかけて標準語の中の標準語の使い手だ。

右は愚か左に出る者も、おそらくいない。

キング オブ 標準語!

 

「そうだね」

なんて言われた日にゃ、ドラマのセリフのように聞こえて、恥ずかしさすらおぼえる。

 

そうだね……そうだね……そうだね……そうだね……そうだね……

 

しかし、当の本人は大まじめであろう。

決して、格好つけているわけではなかろう。

「あっかーん」とか「メッチャええやん」はその抑揚により、感情を最大限に表現していると思う。

果たして標準語で、感情表現はできるのか?

(いな)!!!

今の私では、心の通わないロボと化してしまう。

 

1日も早く自然な標準語をマスターして、都会に染まっちまったよ……。

と、哀愁を漂わせたいものだ。

 

コロナが収束して、お祭りやイベントに参加できるようになる日まで、私は頭の中の「フワフェス」を全力で楽しもう。

それにはまず「フワフェス」最大の見せ場であり偶然にも岸和田だんじり祭と同じ、だんじりを猛スピードで旋回させる「やりまわし」をするための、体力作りからスタートだ。

「そうだね」