エッセイ

嗜好人(しこうびと) 2 ~大好きな人~

嗜好品
読み方:しこうひん

栄養摂取を主な目的とせず、風味や味、摂取時の高揚感などを楽しむために用いるもの。

※コーヒー、ビール、タバコなどは「嗜好品」といわれる。

 

私の頭の中には、嗜好品ではなく「嗜好人名鑑(しこうびとめいかん)」というものがある。

自身で定義した「嗜好人(しこうびと)」は以下のようなものである。

 

嗜好人
読み方:しこうびと

同性・異性に関わらず、恋愛を主な目的とせず、関わった時の高揚感、安らぎ、その人に対するリスペクトなどを楽しむために存在する人。

※人として大好きな人物のことである。

 

嗜好人(しこうびと) 1の記事はこちら

税理士
嗜好人 (しこうびと) 1  ~大好きな人~嗜好品 読み方:しこうひん 栄養摂取を主な目的とせず、風味や味、摂取時の高揚感などを楽しむために用いるもの。 ※コーヒー、...

 

転職、出勤、初日。

 

社長:「ピー子くん、あれが君の直属の上司、課長の田端くんだ」

社長:「今日から、田端くんの営業アシスタントをたのむよ」

社長の視線の先に目をやると……。

 

そこには、ただただ「天然パーマ」の男が佇んでいた。

 

それは、果てしなく広がる海に時折おとづれる凪のような……

時には部下を千尋の谷に突き落とす獅子のような……

あるいは、とても寒かった日の夕食にだされたクリームシチュー……

そんな修飾語が似合う「天然パーマ」であった。

 

トントントントン…… トントントントン……。

私は仲良くなるために勝手に「ばたやん」と呼びながら彼の心の扉を、ノックし続けた。

 

気がつくと私達は、トムとジェリーのように毎日「仲良くケンカ」していた。

2年かかってやっと、彼の重い心の扉が開かれたのだ。

 

「ばたやん、御開帳~~!」である。

 

当初、ひとみしりのため多くを語らなかった彼から垣間見える人柄が、私をひきつけて離さなかった。

ばたやんの特徴

 

  • オオカミの皮をかぶった羊(オラついているが実はやさしい)
  • オチャラケていじられ役をやっているのは計算
  • 仕事ができる
  • 部下の力を信じ、伸ばそうとしている
  • 家族をとても愛し、大切にしている

 

嗜好人NO.2

名前:田端 (ばたやん)
役職:営業課長
年齢:30代

彼は、頭髪へのこだわりが非常に強い。

 

ピー子:「ばたやん、その天然パーマいつから?」

ばたやん:「天パーじゃない、くせ毛!」

ピー子:「天パーやん!やーい、天パー」

ばたやん:「くせ毛だわ!」

ピー子:「じゃあ、天パーとくせ毛の違い説明してよ」

ばたやん:「うるせーなー」

こういった具合で、話し合いはいつも平行線だった。

しかし、そんな言い合いをした次の日は、私が大好きなばたやん特製の焼きおにぎりを作ってきてくれた。

 

エピソード1 ~あなたエスパーなの?編~

 

その日も、10分間の朝礼はいつも通り終わった。

席に着こうとした瞬間、斜め前から声がした。

ばたやん:「オイ、ピー子。今日はもう帰れ」

ピー子:「えっ!なんで?」

ばたやん:「いいから帰れ」

ばたやん:「お前、体調悪いだろ」

誰にも気付かれないように、いつも通りに振る舞っていたが、朝からひどい頭痛と倦怠感に襲われていた私。

感謝しつつ、帰路についた。

 

「ばたやんのやさしさ、御開帳~~!」である。

 

エピソード2 ~あなたSPなの?編~

 

会社で忘年会が開催されることになった。

事前にくじびきで席を決めるのだが、ドキドキしていた。

ひどいセクハラ発言をしてくる外部講師と、隣の席になるのだけはごめんだ。

運良く、周りは仲の良いひとばかりだった。

 

それから1年後、仲の良い幹部の1人がおしえてくれた。

実は、去年のくじ引きでピー子がひいたのは、セクハラ講師の隣の席だった。

それを聞いたばたやんが、幹部達に必死で事情を説明して席を変えるように動いたらしい。

 

「ばたやんのやさしさ、2度目の御開帳~~!」である。

 

親友のあさ子とランチをしていたとき、偶然ばたやんの話になった。

あさ子:「ねぇ、写真ないの?」

ピー子:「あるよ。これ。見たことなかったっけ?右から3番目の人」

あさ子:「え……。これ?イケメンかと思ってた」

ピー子:「イケメンなんて言ってないやん」

あさ子:「わかった。ピー子が話すばたやんのエピソードが、あまりにもイケメンだから」

ピー子:「アヒャヒャヒャヒャヒャー、事実をのべただけやん」

あさ子:「ただの天パーやん」

ピー子:「違う。ただの天パーやないよ」

ピー子:「ばたやんは、最高にやさしいくせ毛や」

「ピー子のばたやんへのリスペクト、御開帳~~!」