エッセイ

「ご近所付き合い」パーフェクトマニュアル!!

アルファロメオ

シンプル且つ洗練されたデザインの封筒が、拙宅に届いた。

 

「あら、舞踏会の招待状かしら?」そんな想像に思いを馳せながら、封をあけた。

 

「もう、3年経ったのか……」

 

私の愛車、「フィアット500」の車検のお知らせであった。

必要なのは、ドレスとガラスの靴ではなく「車検代」だ。

 

「1週間かかるので、代車を用意します」とのことだった。

 

どうしてもETCが必要だと伝えると、なんとアルファロメオの「ジュリエッタ」を貸してくれるというではないか。

 

これはもはや、舞踏会のお誘いといっても過言ではない。

 

私と夫はアルファロメオの「ジュリエッタ」が好きで、前々から1度乗ってみたいという野望を抱いていたのだ。

 

車検という名の舞踏会当日、かぼちゃの馬車ならぬ代車「愛しのジュリエッタちゃん♡」を引き取りに行った。

 

そして、帰宅。

運転が苦手なうえに、ふだんより大きな車という悪条件が重なり、駐車に15分を要してしまった。

 

もしこれが舞踏会ならば、完全に「舞踏会に遅れちゃうわ」である。

 

その翌日、会社から帰宅した時のこと。

車から降りて、玄関に向かうと……。

 

谷口さん:「おかえり!車、買ったの?」

我らが3丁目の重鎮、谷口さん in da house (登場)!である。

 

ピー子:「違うよ。車検だから代車!」

 

引っ越してきた当時、初めて谷口さんを見たときは凍り付いた。

肩で風を切りながら、くわえタバコで歩く姿はまるで「輩(やから)」そのものだった。

 

輩の中の輩「トップ オブ ヤカラ」 の称号を、Mr.谷口に!

皆さん、彼に惜しみない拍手を!!!

 

バチバチバチバチー!

 

しかし、Mr.谷口は第一印象に反して、風で飛ばされ道路に落ちていたTシャツを周辺の家をしらみつぶしにあたり、持ち主に届けるという優しさをみせてくれた。

「捜査は足で稼げ」を体現してくれたのである。

 

刑事の中の刑事「トップ オブ デカ」 の称号も、Mr.谷口に!

皆さん、彼に惜しみないスタンディングオベーションを!!!

 

パチパチパチパチー!

ブラボー!

 

私が帰宅する時刻を熟知しているMr.谷口は、その時間によく現れる。

 

しかもその日の彼には、明確な目的があった。

 

急に現れた、ベカベカでデラデラの「アルファロメオ」について、知りたかったのである。

「ピー子が車を買い替えた」という仮説を立てつつも、彼には迷いが生じていた。

それを払拭すべくMr.谷口は、散歩と称して拙宅の周りを幾度となく徘徊したのである。

谷口の仮説

 

フロントガラスの車検のステッカーから計算して、2ヶ月前に購入したことになる。新古車か?

あんなにうれしそうにドヤを顔しながら、フィアット500に乗っていたのに。

 

もしや3ヶ月ほど前に、彼女の家の前で白昼堂々 ” 密会 “していた大柄で金髪の外国人、たしかボブとかいったか……。

彼から「ジュリエッタ」をプレゼントされ、あやつは悪魔(デビルボブ)に魂を売ったのか?

 

いや、待てよ。ピー子がこの3丁目の住民に「我こそは女王だ」という絶大な力を示すためのマウンティングかもしれない。

なんだと?このオレ様の縄張りを、荒そうというのか?

けしからん!!!

 

 

まさに、現場百編!!

 

現場百編 (げんばひゃっぺん)

警察の捜査に使われる表現で、事件現場に隠されている解決への糸口を、100回足を運んででも慎重に捜査するべきということ。

 

しかし、ピー子の第一声、「違うよ。車検だから代車!」によりMr.谷口の仮説はもろくも崩れ去った。

彼は血眼になって収集したデータを披露しながらも、私から更なる情報を引き出そうと躍起になった。

彼は拙宅の界隈では有名な、情報通なのである。

 

パパラッチ谷口、大活躍の記事はこちら。

リモートワーク
「2度目のコロナ濃厚接触者」と「リモートワーク」7月末のある日、私は2度目の新型コロナ濃厚接触者になった。 4連休の最終日に、夫は体の不調をうったえPCR検査へ。 結果は「陽性」、...

 

その日、駐車はスムーズにできたが結局、谷口の取り調べ対応に15分を要してしまった。

 

 

秋晴れの日曜日、朝から町内会の通学路清掃が行われた。

 

谷口さん:「おはよう!」

またしても我らが3丁目の重鎮、谷口さん in da house (登場)!である。

 

シャッシャッシャッシャッ……。

音の方に目をやると、職人バリにほうきを使うMr.谷口の姿があった。

 

ピー子:「谷口さん、ほうきのプロやん」

谷口:「オウ、そうか!?深い穴は、ほうきを縦にするんだぁよ!」

 

シャッシャッシャッシャッ……。

 

谷口:「オウ?穴からカブトムシの幼虫がでてきたぞ」

ピー子:「冬眠してんじゃん。土かけてあげていい?」

谷口:「ダメだ!」

ピー子:「なんでぇ?かわいそうじゃん。おねがい!!」

谷口:「わかっだぁよ!土をかけてやんなよ」

ピー子:「やったー!ありがとう」

 

虫をいじめたり、助けたり……。

 

そんなMr.谷口に「トップ オブ アメとムチ」 の称号を!

皆さん、彼に惜しみない喝采を!!!

 

パラパラパラパラ……。