エッセイ

嗜好人(しこうびと) 4 ~『ユーモアコミュニケーション』を読んで~

スマイル

嗜好品
読み方:しこうひん

栄養摂取を主な目的とせず、風味や味、摂取時の高揚感などを楽しむために用いるもの。

※コーヒー、ビール、タバコなどは「嗜好品」といわれる。

 

 

私の頭の中には、嗜好品ではなく「嗜好人名鑑(しこうびとめいかん)」というものがある。

自身で定義した「嗜好人(しこうびと)」は以下のようなものである。

 

嗜好人
読み方:しこうびと

同性・異性に関わらず、恋愛を主な目的とせず、関わった時の高揚感、安らぎ、その人に対するリスペクト、などを楽しむために存在する人。

※人間として大好きな人のことである。

 

嗜好人(しこうびと)1の記事はこちら

税理士
嗜好人 (しこうびと) 1  ~大好きな人~嗜好品 読み方:しこうひん 栄養摂取を主な目的とせず、風味や味、摂取時の高揚感などを楽しむために用いるもの。 ※コーヒー、...

 

はう??

ここは、お花畑か?

いや、天国かもしれない……。

 

それは数ヶ月前、私が夫と参加している「ライティングサロン」のセミナーへ訪れ、会場のドアを開けたときのこと。

 

そう錯覚するほど、朗らかで心地よく響く声と、ひだまりのように温かい笑顔がそこにあった。

 

出会った瞬間、私が「嗜好人名鑑(しこうびとめいかん)に彼女の名前を記したことは、言うまでもない。

 

嗜好人NO.4

名前:草刈マーサ
職業:ユーモアコミュニケーショントレーナー・シニア英会話講師
著書:『ユーモアコミュニケーション』

 

マーサのブログはこちら

 

彼女はユーモアコミュニケーショントレーナーをしており、『ユーモアコミュニケーション』という本の著者でもあるという。

 

マーサ:「初めまして。ピー子のブログおもしろいから、私のユーモアライティングの師匠だわ」

私の「自称おもしろエッセイブログ」を読んでくれた上に、おもしろのパイセンと言ってくれた、彼女。

 

初めて聞く単語「ユーモアコミュニケーション」に、「なんじゃそら?」と当惑を禁じ得なかった。

そこでピー子パイセンは、カワイイ後輩(マーサ)のことを深く知るために、彼女の著書を読んでみたのだ。

 

人を笑わせる力を養う、ゴリゴリのお笑い指南本ではなく、まじめな自分を変えたい方や、ユーモアで心をほぐし、自分らしくよりよい人生を過ごしたい方に向けた本であった。

 

見方を少し変えるだけで楽しくなる。悩んでいたことも笑い話になる。

p.4より引用

 

数年前にみた映画で、主人公の男性エーダンが着替え中にぎっくり腰になった。死にものぐるいで挑んだが、パンツが半分しか履けない。

その時の彼と、彼女キャリーとのやりとりに、心を打ち抜かれたことを思い出した。

 

エーダン:「パンツがこれだけしか履けないんだ」

キャリー:「エイダン!こんなにも履けたじゃない」

 

私は物欲怪獣で「ワイは経済をブンまわすんや」というポリシーを掲げ、毎月お小遣いを一銭も残さず大好きな服や本につぎ込んでしまい、ヒィヒィ言っている。

 

しかし、ここで見方を少し変えてみよう。

 

ピー子:「お小遣いを全部使っちゃって、お金がない。どうしよう」

ではなく、

ピー子:「お金はないが、ボロボロでもパンツは履いているじゃないか!」

にしてみようか。

「なんか違うぞ!マーサに謝れ!」というマーサファンの声は、あえてシカトさせていただく。

 

 

そうなるまでその振りをしなさい。

Fake it until you make it!

まずは形から入りましょう。

p.53より引用

 

相手を笑顔にするには、まずは自分が笑顔になることの大切さが記されている。

 

「私は形から入る」の見本のような、人間だ。

 

25歳のときゴリ押しされてつき合った「タカシ」は、サーフィンバカだった。

鍛えぬかれたバッキバキの細マッチョな肉体もさることながら、顔もドタイプだった。

 

その頃はまだLINEは普及しておらず、連絡はもっぱらメールだった。

 

彼のメアドが「ツボ」だったので、10数年経ったいまでも脳裏に焼きついている。

 

wild lonely wolf takassy @……

ワイルドで孤独なオオカミ、タカシィ

 

みんな、メールしてくれよな!!

 

一緒に海に行きたいと言われ、運動音痴を押しきってボディボードを始めることになった。

タカシィ行きつけのサーフショップで、ボード、フィン、ウェットスーツなどを買いそろえた。

 

「形から入る」の本領発揮である。

 

ボードはええやつに限るということで、8万円のものを購入。

約1年で別れを切り出され、都合のいい女へと格下げになったあげく、ボロぞうきんのように捨てられた私は、8万円のボードとともに海のもくずとなったのである。

 

過去に形から入り、失敗したと思ったことが多々あったが、『ユーモアコミュニケーション』を読んで初めて、それが肯定されたように感じた。

 

 

「いつも元気だね」「マーサがいると周りが明るくなるね」「一緒にいると楽しい」などと言われるようになりました。自他ともに認めるユーモアおばさんです(笑)。

p.6より引用

 

たった1つのおもしろを見抜く
見た目は少女、頭脳はユーモア
その名は、草刈マーサ!

 

名探偵コナンではなく……。

マーサに告ぐ!

あなたは自他ともに認めるユーモアセンスの持ち主だが、おばさんではない。

 

You’re the best!

あなたって最高!