エッセイ

『舟を編む』を読みながら舟を漕いでしまった。

漕ぐ、漕ぐ、漕ぐ。

どんどん、どんどん、どんどん。

漕ぐ、漕ぐ、漕ぐ。

今宵も大海原へ舟を漕ぎ出した。

「ピー子丸」

誤解のないように、言っておこう。これは、「壮大な冒険の話」ではない。

「私と読書」についての話だ。

寝る前にベッドで本を読むことは、私の習慣であり、たのしみのひとつだ。

昨夜もいつものように、本を読んでいた。

確かに読んでいたはずだった……。

チュン、チュン、チュン。

カァー、カァー、カァー。

キー、キー、キー。

ペッポ、ペッポ、ペッポ。

「小鳥のさえずりが聞こえる」

気がつくと、朝が来ていたのである。

「しっかし、鳥、多っ!どんだけおんねん!」

「おはよう、ピー子!昨日、本読みながら舟を漕いでたぞ」と夫。

本を読みながら眠すぎて、カックン、カックン、カックン。
睡眠という名の海へ、舟を漕ぎ出したらしい。

 

本といえば、2012年に「本屋大賞」を受賞し、翌年映画にもなった『舟を編む』がある。
ピー子の手にかかると「舟を漕ぐ」に。

『舟を編む』と「舟を漕ぐ」どちらもすばらしい作品のように思えて、甲乙つけがたい。

しかし、その実態は似て非なるものだ。

前者では、辞書に情熱と愛をもった編集部メンバーが、辞書を作るまでの長い旅が描かれている。

後者では、私が情熱をもって人生を捧げていたのは、睡眠という7時間の長い旅だ。

こうなったら、自分に「寝具屋大賞」を贈ろうではないか。

 

「お酒が強そう」「本読むの?意外!」

初対面の人や、私を知らない人によく言われる、二大セリフだ。

「お酒が強そう」は、あれか?

ワシがクラブ通いや、合コンに明けくれていたからか?

アパレル関係の仕事をして、チャラついていたからか?

酒豪の覇気をまとうておるか?

お酒を飲める人に憧れているので、悪い気はしないが。

お酒はまったく飲めません。

ペコリ。

いままでに読書好きを、積極的に公言したことはない。

読書好き → 暗い → 友達がいない →やべーやつ

と思われるのではと、不安だったからだ。

他人が読書好きと聞くと、知的でカッコイイという印象をもつ。
だが、自分にはそれが適用されないような気がしていた。

しかし、「本読むの?意外!」を何度も言われ、ついに眠れる獅子が目を覚ました。

声を大にして言おう。

「私は読書が、本を読むことが大、大、大好きだ」

初めて次郎さんと出会ったのは、小学校の図書館だった。

『三毛猫ホームズ』だったか、高学年のとき赤川次郎の推理小説を知った。

そして、本に、読書に、推理小説に恋をした。

それからは、下校中も「ながらスマホ」ではなく「ながら読書」をするほど没頭した。

前をまったく見ずに歩いていたので、電柱に勢いよくぶつかったり、家に続く坂道で崖から転げ落ちて血だらけになった。

ここだけの話だが、落ちる寸前まで崖であることに気づいていなかったため、運よく空中を2~3歩、歩くという偉業を成し遂げることができた。

気づいた瞬間に、人は落ちるのだ。

キズも存在を知らないうちは痛くないが、気づいた途端に痛くて我慢できない。

本が私にくれた00 (5) のこと

  1. 経験や体験を疑似体験できた
  2. 情報、知識を効率的に学べた
  3. 言葉が増え、世界が広がった
  4. 読んだことを実行し、自己成長できた
  5. 想像力が鍛えられた

本を通じて、良き師、仲間にも巡り会うことができた。
そして、自分の奥底に埋もれていた夢に、気付くことができた。

仲間と具体的に夢を語り合い、もう迷うことはない。

文章を書きたい。

エッセイで自分の頭のなかにあることを、出してみたい。

それを読んでくれた…

どこかの誰かが、クスッ、クスッ、クスッと笑ってくれたら最高。

どこかの誰かが、ポワワワーン、ポワワワーン、ポワワワーンと癒やされてくれたら最高。

どこかの誰かが、キラ、キラ、キラと輝いてくれたら最高。

今宵も大海原へ舟を漕ぎ出した。

「ピー子丸・改」

エッセイを読んでくれた人の心を動かしたい、という情熱と愛だけで突き進む長い旅が始まった。

ピー子のエッセイが「本屋大賞」と「寝具屋大賞」をW受賞するという、偉業を成し遂げることになるとは…

その時のピー子は、知るよしもなかったのである。

今回の舟出は、もしかしたら「壮大な冒険の話」の始まりなのかもしれない。

ピー子、待望の処女作

「舟を漕ぐ」