エッセイ

3歩歩くと忘れる。私の前世、ニワトリかも。

私だけなのだろうか?

はたまた、誰しもに起こりうる、あるいは日常的に起こっている現象なのだろうか?

 

言葉や人の名前で、どうしてもおぼえられないものがある。

そしてそれらは、普段づかいなものが多いため会話に支障をきたす。

 

この記事で紹介済みだが……。

ポメラ
500円玉貯金で経済をブン回す「私はお弁当デザイナーよ!」ドヤ顔で、お弁当ブログを始めたのは1年前。 しかし、その1年で書いたのは、なんと15記事(僅少)。 ...

 

エッセイを書いたらどうかと人にすすめられ、始めることにした。

 

それなのに、初歩中の初歩であるエッセイという言葉がおぼえられないのだ。

致命的である。

 

ピー子:「エッセイという単語がおぼえられん」

ピー子:「なんかええ方法ある?」

夫:「エッセー尾形っておぼえたらすぐじゃん」

ピー子:「あっ、ほんまや」

という具合に、解決策を見いだせる場合はよいが、そうでない場合は非常にタチが悪い。

 

これは由々しき問題だ。

早急にこれを解決するべく「PMK (ピー子の問題 解決せな)」という非政府組織を立ちあげた。

 

まずは、原因の究明に着手した。

カタカナの言葉と人名やニックネームが、特に苦手なようだ。

 

知り合って5年ほどたつ、渡部さん……。

「わたなべさん」か「わたべさん」か、いまだにわからない。

 

ピー子:「ふぁふぁべさん、先日いただいたネギおいしかったです」

渡部さん:「よかった。八百屋さんで1箱300円だったのよ~」

 

題して「ピー子は滑舌悪い人なんです大作戦」

大・成・功!!である。

 

ふぁふぁべさんがもってきてくれたネギは、新聞紙に花束のようにつつまれていた。

私に手渡しながら、彼女はこう言った。

「母の日のプレゼントです。いつもありがとう」

年齢的には彼女の方が少し、お姉様だと思うが…。

目に入れても痛くない、かわいい娘のようものである。

 

夫に何度目かの確認をしたら「わたべさん」ではなく「わたなべさん」だということだが、今回もおぼえられそうにない。

 

最近、ふぁふぁべさんは結婚し、田中さんになった。

「さようなら。ふぁふぁべさん」

「こんにちは。たなかさん」

 

結婚により、世に言う「渡部問題」に終止符がうたれた。

このエッセイを書きながら気付いたが、ふぁふぁべさんでは「わたなべさん」はカバーできていない。

「わたなべさん」なら、ふぁふぁふぁべさんだ。

 

おぼえられない言葉と言い換え

 

  1. 定例セミナー (入会しているサロンの) → あれよ、あのサロンの月に1回やるやつ
  2. バイク → またがって乗るやつ
  3. 夫の会社の山田キュン  → 自宅警備隊 (自宅警備隊と書いたリックを愛用)

 

非政府組織「PMK (ピー子の問題 解決せな)」の力をもってしても、この根深い問題を解決するにはかなりの年月を要するだろう。

 

しばらくは、上記のような言い換えでしのぐという結論に達した。

 

そんなピー子だが、この呪文だけはいつ、なんどき、誰に聞かれてもスラスラ答えられる。

宮崎駿の『天空の城ラピュタ』の有名なセリフだ。

「リーテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール」

 

「我を助けよ。光よよみがえれ」という意味だ。

 

物語の中で、主人公のシータがこの呪文を唱えることにより、ロボット兵が起動しシータを助ける。

そして、飛行石 (力を持った石)がラピュタまでの進路を指し示す。

ラピュタ人 (シータ)がラピュタ (故郷)へ帰るための呪文だったのだ。

 

非政府組織「 PMK (ピー子の問題 解決せな)」は総力をあげて呪文を唱えた。

藁にもすがる思いだ。

 

「ワタシ・セミナー・オボエタイ・ソシテ・ヤマダキュン・モウ・ワスレナイ・ワタナーベ・ケッコン・タナーカ」

 

「我を助けよ。記憶力よよみがえれ」

「そして、忘却石よ!」

「エッセイの終わり方に迷走する私に、正しい着地点の進路を指し示したまえ」